就活に失敗する人に共通する5つの特徴

この時期、就職活動を終えた学生に話を聞くと
「納得のいく結果で就活を終えた人」、「失敗したと感じながら就活を終えた人」の2つに分かれます。

それでは、就活に成功した人と失敗した人は何が違ったのか?
失敗する人に共通する特徴とはどんなものでしょうか?

これまで多くの就活生を見てきたプロのキャリアコンサルタントが失敗する人に共通する特徴を5つご紹介します。

これから就職活動を開始される方はぜひ参考にしてみてください。

1.すべてにおいて準備不足

就活においてもっとも大事なのがきちんと準備をしてのぞむことです。
特に就活に失敗した人で多かったのは自己分析が足りていない、もしくはできた気になってしまっている人です。
そういう人たちは企業の面接でも、「なぜそうしたのか」といった深掘りをされた際につまってしまうことが多く、自己分析が足りない、思考力が弱いといった評価を受けて落とされることがあります。

2.自分に合った就活ができていない

就活では、いろんな情報が飛び交っています。そして、周囲の就活の話を聞いて比較したり焦ったりすることもあるかと思います。そして、そういった情報や周囲の話を気にしすぎて自分に合った就活をできていない人が非常に多いのです。
他の人の成功例があなたの成功例とは限りません。他の人の就活体験記やES例はあくまでも参考程度に考えてください。
就活で後悔をしないためには自分に合った方法で就活を進めることが大切です。

3.自己評価が低すぎるor高すぎる

自己評価が低すぎる人の場合、面接などで言わなくていいことまで言ってしまって単純にネガティブアピールになったり、謙遜のつもりでも企業の人からは自信がない印象に受け取られてしまったりします。
逆に自己評価が高すぎる場合は自分がわかっていない頭でっかちな人という印象を与えてしまい、企業の人から扱いづらい印象に受け取られてしまいます。
就活では相手にどんな印象を与えるか考えながらうまく自分の良さをアピールしましょう。

4.振り返りを怠っている

就活を失敗したと感じている人によく見られるのが、なぜ落ちたのかどこがダメだったのか、なぜ通ったのかどこが良かったのかといった振り返りをしないということです。
面接が終わった後にはできたところとできなかったところをきちんと振り返り、きちんと次に生かすことが重要です。
フィードバック付きの選考や、キャリアアドバイザーとの面談などを活用してきちんと振り返りを行いましょう。

5.他人の意見に耳を貸さない

就活中は特に周囲が見えなくなってしまいがちなので、自分で見えていないところを指摘してくれる第三者の意見を素直に受け入れることも時に重要なことです。
就活に行き詰まったりした時は、キャリアアドバイザーサービスなどを利用して積極的に就活のアドバイスをもらってみてください。

キャリアアドバイザー相談サービスはこちら

しっかりとした準備と振り返りで後悔のない就活を!

就活を始めるにあたってはしっかりとした準備をしておくことで、自ずと自信をもってのぞむことができますし、自分の実力値やアピールポイントを把握することで頭でっかちになることもありません。
第三者の意見や時に振り返りなどを通して、しっかりと自分を見つめ直し、あなたらしい就活をすることで、必ず悔いのない就職活動ができるはずです。

ABOUTAImeets

あなたの適性と希望条件をもとに「働きたいと思える」かつ「社風があっている」企業から特別選考のオファーが届く就活サービス

AImeetsで適性診断
recmecareer
Copyright © Leading Mark, Inc.